オリジナルの迷彩柄を作りました。

デジタルカモ

なぜオリジナルのカモフラ(迷彩)柄を作ったのか?

カモフラ柄はアウトドア製品にもよく似合います。

まさに昨今の流行りのパップテントやブッシュクラフト、地べたスタイルの
無骨な男臭いキャンプには迷彩柄はもってこいです。


しかし、Space fireでは、オリジナリティを出しつつ、テントやファニチャー系のメインのギアを邪魔しないような強すぎず、飽きの来ない迷彩柄を作りたいと思いました。

その為、

あえて「無骨」ではなく
モダンでかつ、可愛すぎない迷彩柄を作りました。

軍物をイメージさせる迷彩柄ですが、攻撃的な印象を与えない為に少し丸みを出した大きめの柄を採用しています。

また、カラーも少し変わっていて、迷彩柄定番のジャングルをイメージさせる
グリーンだけでなく、コヨーテカラーも混濁させることで、よりオリジナリティのある色味を出しています。

 

デジタルカモ

カモフラ柄を使う商品

2022年シーズンの冬の新作として、
下記の4つのケースにも迷彩柄を採用します。

  • コーヒーフィルターケース2022年バージョン
  • ボックスティッシュケース
  • シェラカップケースフル
  • ウェットティッシュケース

 どこか男臭さがでてしまうカモフラ柄ですが、こちらの「オリジナルカモ」は無骨すぎるのが苦手な方や女性のキャンパーさんにも使いやすいモノとなっております。

「無地ではさみしい。でも強すぎる柄物は嫌だ。」という方には相性がいい迷彩柄です。

ブログに戻る